スポンサーリンク

【まとめ】話題の「タピオカは痩せるのか?太るのか?」問題を色々調べてみた

ダイエット
スポンサーリンク

昔は痩せるというイメージの強かったタピオカですが、最近はテレビなどでは「太りやすい」という情報も出てきています。

 

タピオカについて調べてみた

「そもそも、どうしてブームなの?」という疑問や、「何で出来ているの?成分は?」というタピオカにまつわる事を色々と調べて見ました。

 

タピオカのブームはいつから?

・タピオカは1992年に第一次ブームが到来。(ココナッツミルク)

・2008年に台湾ブランドの日本出店により第二次ブーム。(ミルクティー)

・2018年ごろから黒いタピオカがブームとなっており、現在は第三次ブームと言われる時代で、東京では300店を超えるお店が乱立している状態。

引用元:TV「マツコの知らない世界SP」より

 

2019年も台湾のタピオカブランド「珍煮丹(ジェンジュダン)」が、若者の人気スポットの渋谷の109に出店すると話題になっています。

基本的には台湾ブランドが日本出店することが多く、インスタグラムのお陰もあって、その度にブームの火が大きくなっているみたいです。

 

何で出来ているの?成分は?

タピオカの原料は「キャッサバ」。

キャッサバ(学名:Manihot esculenta)はキントラノオ目トウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。マニオク、マンジョカ、カサーバ、ユカとも呼ばれる。

キャッサバ芋はタピオカの原料であり、世界中の熱帯にて栽培される。

引用元:Wikipedia

つまり、芋の一種です。

栽培するのがとても簡単なのが良い点ですが、逆に悪い点というのは食用とするには毒抜きをしないといけないのだそうです。

 

タピオカは太るの?痩せるの?

芋を原料とするタピオカのカロリーは

乾燥タピオカ100gあたり:355(kcal)

ごはん一杯は約270(kcal)ですので、お茶碗一杯分のお米よりもカロリーが多いといえます。

しかし、乾燥したままドリンクに入れるのではなく、一度茹でてから使用しますので、ほとんどが水分の状態になります。

茹でタピオカ100gあたり:62(kcal)

しかも一杯のドリンクにタピオカを100gも使用する事はなく、大きなスプーン一杯分くらいを使用します。

ドリンクに含まれるタピオカのカロリー:約28(kcal)

 

それに対してミルクティーのドリンク自体のカロリーというと。

ロイヤルミルクティー(ドトールM):120(kcal)

 

ロイヤルミルクティーにタピオカを入れて飲んだ場合。

タピオカ:28(kcal) + ロイヤルミルクティー:120(kcal) = 148(kcal)

という事になります。

 

飲む量にもよると思うのですが、他の飲み物に比べて少しカロリーの多いドリンクという事になるのではないでしょうか。

そもそも、タピオカのカロリーよりもロイヤルミルクティーの方がカロリー割合が多い為、タピオカ云々の話しではない気がします。

 

「痩せるの?太るの?」問題の結論として

たまにご褒美として飲む分には問題ないと思います。

しかし、「痩せる」とか「ダイエット飲料」的な思い込みでガブガブと飲んでしまうと、結局は太るハメになります。

 

お友達とお休みの日にカフェに行って、インスタ映えのするお洒落な写真をアップしたりするのは、有意義な時間でとても大切な時間だと思います。

しかし、タピオカで痩せるイメージがあるからと言って、他にケーキも一緒になんて事をしていると、ポッチャリ街道を進む事になりますので、ご注意ください!