スポンサーリンク

イボ痔の手術体験記(5)手術から2ヶ月が経った今の症状と状況について

イボ痔の手術体験記
スポンサーリンク

イボ痔の手術から2ヶ月が経ちましたので、最近の状況について書いていこうと思います。

術後の2ヶ月までの状況

手術が終わり、病院に通院していたのですが、徐々に行く回数が減ってきています。

 

術後の診察のペース

もちろん病院の指示で行くペースを少しずつ開けていくようにしているのですが、そのペースというのは僕の場合には次のようになりました。

  • 手術(痔の摘出、1日入院)
  • 退院時に診察(手術の様子のチェック)
  • 3日後の診察(術後すぐの経過チェック)
  • 1週間あけての予定が9日後に診察(僕の都合上)
  • 2週間あけての診察
  • 3週間あけての診察(診察にビビりすぎて1週飛ばした)
  • (予定)1ヶ月後に診察(これが最終)

各診察の間を書いてみました。

次に行くのは8月に最終の診察があるのですが、正直に言うと、、これは行くかどうか迷っています

 

2ヶ月経過した状況

今の症状や状況について

お尻の状態はもちろん手術前に比べると、快適に過ごせています。

おトイレに行った後も、飛び出したイボを引っ込める作業も無くなりましたし、イボホルダーだった時には出かけていて長時間あるいていると調子が悪くなってくる事もあったので、それがなくなり、すごく快適

つい最近は1泊の旅行に行ってきたのですが、観光で歩いても全く調子が悪くならないので本当に嬉しかったです。

 

ここでの「調子が悪い」と意味は。。

イボホルダーの方でも重度の人は、歩いていても排便をした後のようにイボが外に出てきてしまうのです!僕はステージMAX(自己申告)だと思いますので、こういった症状が出てきていました。

特にUSJとかで1時間以上の待ち時間がある時には、引っ込める為にトイレに行きたいのに、並んでいるので行けないという事があって、とても辛かったです。

 

毎日やるべきストレッチ

ただ、毎日やらないといけないお尻のストレッチが面倒になってきています。

http://rogue-exp.net/?p=332

 

何が面倒なのかと言うと、ただ単純に「毎日やらないといけない」という事です。

ストレッチをやり始めた頃は、お尻の穴が小さくなってはいけないと思い、一生懸命に取り組んでいました。しかし、最近ではストレッチにも慣れてきていて、始めの頃よりも随分とストレッチがやり易くなった程にお尻も柔らかくなってきていると感じています。

なので「もう大丈夫だろう」という気持ちがあり、毎日しないといけないのですが、最近はかなりサボり気味になってきてる今日この頃。

 

気持ちの緩みはいけません!

もうストレッチも毎日はしていませんし、次の最終の診察も「もういいかなぁ〜」なんて考えています。

こういうのは本当にダメだと思うのですが、かなり気持ちが緩んできてますね。

昔の痛みを感じた時期に「誰か助けてくれ〜」とまで思っていた僕は何処に行ったのでしょうか。笑。

改善してきて調子が良くなって来たのは、本当に良いと思います。これを機会に毎日ストレッチをしたいと思います。

次の診察は、、どうしよう。