スポンサーリンク

ファスティングを実践して2週間の経過報告。断食との違いは何でしょうか?

ダイエット
スポンサーリンク

ファスティング「ハリウッド48時間ダイエット」を実践してからの経過報告と今までの食生活について書いていきたいと思います。

実践から2週間経過

ファスティングをやってみようと思い立ってAmazonで「ハリウッド48時間ダイエット」を購入し実践してみました。

その様子がこちら
http://rogue-exp.net/?p=435

もうあれから2週間ほどが経ちました。あっという間に時間が過ぎていきましたが久しぶりに体重計に乗ってみました。

ファスティング終了時:67.9kg

2週間後(本日):68.9kg

しっかりと増えてました。笑

ファスティング直後

ファスティングをして2日間ほどは割と軽めの食事を心がけていたので、その間もグングンと体重は軽くなっていきました。

終了当日:67.9kg

2日後:66.9kg

僕の体としてはこの67kg代の壁を通常のダイエットでは超える事が出来なくかったのですが、順調に行けばもっとスリムになっていたような気がします。

なぜまた増えたのか?

それなのに、どうしてまた体重が増えたかと申しますと、その数日後に旅行に行って、美味しいものを沢山食べてしまいました。

「食べてしまいました」とは書きましたが、せっかく旅行に行くのにダイエットで食事を制限するつもりは全然なくて、年に1、2度の旅行なので「いっぱい食べてやるぜ!」とむしろ張り切っていました。

その数日後には僕の誕生日もありまして、奥さんと自宅で小ぢんまりとした感じですが、手料理を沢山つくってもらい、またご馳走をいっぱい食べました。

僕はグラタンが好きなので、クリスマスと誕生日には必ず作って大量につくってくれるので、そんな楽しみな日は食べるでしょうが!食べました。

多分その辺りの食欲習慣で結構戻ってしまったのではないでしょうか。

本当に今回はタイミングが悪かった!

最終的な結果

結局、ファスティング前の体重と比べると

71.0kg → 68.9kg

なので、一応はマイナス2.1kgにはなりましたが、今後の生活習慣では。。きっと、元に戻ってしまうんじゃないかぁと感じています。

断食とファスティングの違い

僕の1度目のファスティングの結果はそんな感じでしたが、「断食」との違いも気になったので調べてみました。

断食とは

一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為。現代では絶食療法(一般に言う断食療法)として医療行為ないし民間医療ともされている。

引用元:Wikipedia

元々は宗教的な意味合いで行われてきたようで、最近はやっぱりダイエットなども健康的に悪影響があると考えられるようになったので、医療行為とも捉える事が出来るのですね。

ファスティングとは

Wikipediaではファスティングのページはありませんでした。

断食を英語では「fasting」と記載があり、言葉の意味としては同一の意味のようです。

実際に色々と調べてみると、「一定の期間」という部分がファスティングの場合は色々と意味があり、「1日のうちの1〜2食を断つ」という事も定義されています。

 

プチ断食 = ファスティング

という解釈でOKですね。

最後の感想

今回は本当にタイミングが悪かった!としか言いようがありません。

また、次回もチャレンジしてみたい気持ちがありますので、その時はファスティング明けも計画的に無理なくやれば、今までの僕のダイエットの中ではかなり簡単にやせられるのではないかと思っています。

次回こそは!